初めてでも作れたレッドシダーを使ったウッドデッキDIY③組み立て・完成編

      2017/06/01

とりあえず丸2日かけて1回塗り塗装が終わったので、いよいよウッドデッキを作っていきます。

これまでの経過はこちらを参照下さい

初めてでも作れたレッドシダーを使ったウッドデッキDIY①計画・設計編

初めてでも作れたレッドシダーを使ったウッドデッキDIY②塗装編
まずは羽子板付き束石に束柱を留めていきます

留めるのに使用したネジは全ネジのステンレスコーススレッド38mm。

いちよ屋外での使用なので耐久性なんかを考えて多少割高でもステンレスのものを使用しました。

これの束石と束柱を合体させたものを36個作り

間口の基準となる窓側から並べていき、束柱の上に床板を固定するための根太を置きました。

(4歳の現場監督が当初面白がって見てたのに飽きて取り残されたイスが虚しいw)

間口が8m30cmあるので木材と木材を繋ぐ部分にはコチラを使用

行ったホームセンターで当初使おうとしていたシンプソン金具がなかったのでタナカ金物のフラットプレートを使い接合。

そして束柱と根太の固定にはこちらのユニクロの金物を使い

こんな感じで根太と束柱を固定していきました。

間口の基準となる家側の束柱と根太がすべて固定完了!

続いては奥行きの基準となる外側の大引を固定していく訳だけど、何せ1人で全部やるから「お~いそっち押さえてて~!」なんて事もできないからクランプが相棒変わりになってきます

こんな感じで片一方をクランプ君に抑えてもらい、自分は反対側をビス留め。

おかげで奥行きの基準となる外側の束柱に大引を設置固定完了。

横の基準となる窓側、縦(奥行き)の基準となる外側の束石が設置できたので基準に合わせて作った設計図通り墨だしをし束石を配置していき

すべての束石を設置。

束石が全部設置できたので、またクランプ君に手伝ってもらい束柱を大引で固定

大引が固定できたので更に上に乗る根太を設置

木と木の接合にはまたタナカ金物のフラットプレートを使い、根太と束柱の固定にはユニクロ金具を使っています。

そう!ここまで工程が進むと後は遂に床板張り♪

と、ここで木には木表と木裏があるようで

ウッドデッキで床板を張る時は木表だと経年劣化で外側が反り内側に水が溜まる。木裏だと経年劣化で内側が反り水捌けは良いが、歩いた時に足ざわりが気になる。という各々何かしらのメリットデメリットはあるみたいなんだけど正直そこまで気にする必要あるか!?

って感じなので木の節が少なく綺麗な面を木裏、木表関係なく今回は張って行く事にしました。

設計図やら何やら考えるクセにこの辺の考えは雑なんですよねw

という事で記念すべき床板一枚目を

ちなみに床板と大引を固定する時に使ったビスは半ネジのステンレスコーススレッド75mm

2枚目からの床板張りには床板と床板を経年劣化による木の歪みや水の抜け道、下に物が落ちない調度良い間隔の5mmにスペースを空け張って行くので事前にホームセンターで買っておいた5mmの板(10円w)

こちらを半分にカットしてスペーサーとして使っていきます。

そんな感じでどんどん床板を張っていきます

床板張りはウッドデッキが目に見えて形になっていくので楽しく作業が捗ります^^

ここで朝飽きて現場放棄した監督が戻ってきて未完成デッキでアイスを頬張りだしたので自分もこの日の作業はここで終了し監督とアイスを食べながらプリキュアアラモードの何色が好き?という監督のプリキュア論議に付き合いました。w

作業3日目はAM8:00~PM16:00でここまで。

4日目もはや朝起きるとどこが痛いのか分からない位足腰に加えずっと電動ドライバーを持っていたので手首も痛い。。

家を建ててくれた大工さんも大変だったろうなぁとしみじみ考えながら今日も愛用いや一緒にウッドデッキ作りを共にする戦友のブラック&デッカーと心を1つに床板張りスタート!!

しかし早々にブラック&デッカーのビットがもはや連日の作業でへたってネジ山をバカにしだしたので急遽ホームセンターに行って代わりのビットを購入。

替えのビットを数本用意しとくと安心です^^;

どんどん進み

午前中で奥行き2430mmある床板は全部張り終え、もう片側の奥行き910mmの床板に着手。

途中隠蔽配管のエアコンの水抜き管が出てるのでそこは床板をカットし

一心不乱に床板を張り進み

床板張り完了!!!

もはやウッドデッキ完成と言っても過言でもない見た目♪

だけど幕板を張らないと縁側感が強いんで

幕板も取り付け

4日目作業 AM8:00~PM16:00

なんとかかんとか塗装も含め4日でウッドデッキ完成!!!!

この部分はまた時間ある時に階段を作ろうと思っています。

何はともあれ近くで見るとアラが目立つけど初めてウッドデッキを作ったにしてはなかなかどうして良い出来♪と自負しておりますw

作り終えてみて最初にちゃんとした設計図を作り作る順番を決めることと、予め必要な道具を揃えておくという事が作って行くうえで変なハプニングや時間的ロスがなくてすむのかなと思いました。

そして業者さんに依頼するよりも金額的には1/3程で済むのに加え、作り上げた達成感はんぱないです。

子供達が完成したウッドデッキ上で走り回って遊ぶのを見ると感無量です!!

さ~次はウッドデッキの階段とウッドフェンスを作ろうと思います。

夏までに完成させたいな~。

 

追記 ウッドデッキDIY費用

束石36個 25200円

束柱   6000円

大引   11880円

根太   42000円

床板・幕板 93300円

キシラデコール7L×2つ 30000円

ハケ・クランプ・金具・ネジなど 10000円

総額 218380円

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 木表と木裏の張り方によるメリットデメリット
  • ウッドデッキの作り方

 

 

 

 

 

 

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - DIY, 新居生活, 日々のあれこれ , , , , , , , ,