外出先からでも確認可能!ネットで購入した防犯カメラをDIYで取り付けてみた

   

こちらの記事で書いたように我が家はというか自分が家作りの段階から防犯カメラをインナーバルコニーに設置する事を決めていたんですがようやく取り付けしてみました。

防犯カメラといってもこんなドーム型のタイプや

本格的に何十万とするようなものなど

色々あるけど我が家で取り付けた防犯カメラはこちらのものです

タイプは243万画素のNH2A(黒)で128GBのメモリーカードを内臓してだいたい4万円位でした。

これを選んだ理由は初回の設定でLAN接続が必要になるけど、初回設定さえ済んでしまえばWi-Fiで接続できるのでコンセントがあればどこでも設置が可能という点とネットワークカメラなのでネット環境さえあれば仕事先でも外出中でもPCやスマホからカメラ映像を見ることも出来るし、録画した動画をチェックする事も出来るという点でこちらを選びました。

まぁ後は243万画素のスペックと上記の機能付きにしてはかなり他のメーカー品よりも安かったので^^

結局はそこですw

購入した防犯カメラNH2Aをチェック

開封してみるとPCにソフトをインストールするCDや取り付け様のネジなど数点

組み立て・・・と言ってもWi-Fi接続用のアンテナをネジ式なので回して取り付け

カバーをはめて

LAN接続&電源コードを取り付け完了。

5分程で組み立て終了。

で、初回設定のみLANで有線接続してPCとスマホでアプリを使ってインストールして10分程で設定完了!

早速インナーバルコニーに設置してみます。

まずは絶縁テープ(普通のビニールテープ)で電源コード接続部をぐるぐる巻きに

取り付け場所によってはPF管に入れるなり雨水入らない対策した方が良さそうです。

今回はインナーバルコニー部分に取り付けるのでバルコニーの色に合わせた2種類のモールをを使いコードを収納していきます。

必要な長さにあわせてモールをカット。糸ノコとかで簡単に切れます。

カットしたモールの後ろに屋外用で使える強力両面テープを貼り付け

カメラの角度を六角レンチを使い微調整し

バルコニーにネジで固定してモールを取り付けていきます。取り付ける場所によっては中空拡張ネジを使った方が良さそうです。

白と茶のモールを使い分け設置完了です。

なかなか目立たないんじゃないでしょうか?というかエアコンの配管カバーの色が改めて目立つなw

外から見てみても

全然モールはおろかカメラが取り付けている事すら分からないレベル。

防犯カメラを目立つ所に取り付けて防犯カメラ付いてますよ~とアピールした方が良いのか、防犯カメラを取り付けてる事が気づかれない方が良いのか迷った末によ~く見れば防犯カメラ付いてると認識できるレベルという着地点におさまりました。

う~んそれにしても先日植えたアオダモ良い感じです♪

で早速防犯カメラの画像をチェック

日中

防犯カメラから車までの距離は約7mですが車のナンバーが鮮明に分かる程の鮮明度で通行人の顔もはっきりと認識できるレベルでした。

夜間

うちの周りはちょうど街灯などがなくけっこう夜は暗くなるんだけど外構照明の明かりも手伝い車のナンバーなどは認識できる感じでした。

また録画された映像の照度や色合いなどを変えて見てみると通行人などもしっかりと認識する事ができました。

録画日時などもしっかりと記録されているので何かあった時は証拠としても使えるし、常時録画設定なので安心安全がこれで少しでも守られるなら非常に安い買い物だと思います。

防犯カメラを取り付けて1つ楽しみな事があります。

それは自分が飲んで帰ってくる映像を後から自分で見れるという事!!

自慢じゃないですが飲みすぎてけっこうな頻度で記憶をなくしたまま自宅に帰宅する事があるので記憶をなくしながらも家に辿り着く自分を客観的に見ることができる訳ですw

かなり羞恥心をくすぐられる事になりますがとんでもない映像が納められていたら飲み方を治す良い機会ともなりますし^^;

防犯カメラって色々な使い方ができますねww

 

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 安心・安全は自分で守る時代
  • 屋外防犯カメラの取り付け方

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - DIY, 新居生活, 日々のあれこれ , , , , , ,