1人でも作れるウッドフェンスDIY①計画編プライバシーを守れる高さは?

   

ウッドデッキが出来た事で思う存分デッキ上でご飯を食べたりお茶を楽しんだり、お酒を楽しんだりこの時期にはもちろんプールで遊んだり♪

色々とやりたい事が広がります^^

だ~け~ど~ウッドデッキがあるからと言ってそれが出来るのか??

否出来ません。

誰が日中から酔っ払ってる大人を見たいでしょうか。

誰がプールではしゃぐいい大人を見たいでしょうか。

子供がプールで遊んでいる光景は微笑ましく写るものですが、大の大人ともなると白い目でみられるかもしくは見てみぬふりされるのがオチです。

さすがに自分にも羞恥心という心が少なからず残っていますしね。

そう見る方、見られる方どちらのプライバシーも守れるのがフェンス(目隠し)です!!!

実は現在進行形でウッドフェンスをDIYしている最中です。

今回は作り始める前に考えたフェンスの高さについて書きたいと思います。

フェンスを取り付ける理由で一番多いのはやっぱりプライバシーの確保だと思います。

けどその高さって実際どうやって決めてるの??

我が家の場合は下の外観画像で

左側に行くほどなだらかな登り坂となっていてリビング側では道路から基礎部分までの高さが約30cm、そこからウッドデッキ上(リビングの高さ)が約50cmで合わせて80cmほど道路から上がった部分を基準に考える事にしました。

ちなみにウッドフェンスを作る幅や奥行きは

デッキ前にスペースを設けて奥行きを4.5mとし、幅を門柱前から見た時にリビングが目隠しになるように6.5mとしました。

これを元にいつもの3Dマイホームデザイナーを使ってフェンスの高さ別によるプライバシーの確保具合をシミュレーションしてみました。

フェンス高1400mm

リビングから

道路から

道路に身長180cmのサラリーマンを配置してみましたがリビングまでめっちゃ丸見えです。

デッキで遊ぶ子供の姿は見えないけどパパさん水着だったら上半身ほぼ丸見えで羞恥心MAXです。

 

フェンス高1600mm

リビングから

道路から

まだリビングからでも通行人と目が合う高さですね。デッキ上でイスに腰掛けてご飯でもしていたら、あらお外でご飯なんていいですね~そうなんですよ天気に恵まれて・・・なんて会話が生まれる高さです。

それはそれでいいんですけど毎度目が合うとなるとお互い気を遣わざるを得ない状況もある訳で。

 

フェンス高1800mm

リビングから

道路から

リビングからはサラリーマンの姿は認識できるものの、目線が合うことはなくなりました。道路側から見ても立っているパパさんの頭が見える程度。

かなりプライバシーが確保されて大の大人がプールに入っていても白い目で見られる事はないでしょうw

しかしこの高さになってくると逆に防犯面に配慮しないといけないレベルかも?

 

フェンス高2000mm

リビングから

道路から

もう完璧にプライベート空間の出来上がり。

ウッドデッキからフェンスまでの距離を確保しているのでリビングからの視界も圧迫感ないし、道路からの視線も家全体を高いフェンスで囲ってる訳ではないから閉鎖的な印象もない感じ。

結論から言って自分はこの高さ2000mmでウッドフェンスを作る事にしました。

防犯面は事前に取り付けた防犯カメラもあるし、なにより我が家はオープン外構なので少しくらい人の視線を気にしないプライベートな外空間が欲しいと思ったのが大きいです。

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 事前にプライバシーを確保できるフェンスの高さについて考える
  • フェンスを高くすればプライバシーは確保できるが防犯面に問題も

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - DIY, 日々のあれこれ , , , , ,