1人でも作れるウッドフェンスDIY⑤細い木材を使用した横板張りでフェンス完成

   

いよいよ枠組みは出来たので横板を張ってフェンスを仕上げていきたいと思います。

横板として使う木材はこちらの

厚さ120mm、幅400mm、長さ1820mmのラティスに使われるような細いレッドシダーの板。

元々太い板でフェンスを作ると目隠し効果は高いけどゴッツい印象が出るかな~って思いがあり細い板材を使いスタイリッシュにウッドフェンスを見せたい!という考えでこんな細い横板をチョイスした訳だけど、板が細くなればそれだけたくさん板を張り付けないといけないわけで・・・手間もかかり・・・

その数約240枚。

もはや後戻りできないので走り出すことに。

横板と横板の間隔を等間隔に隙間(スペース)をつけていくやり方はウッドデッキ作りでもやったやり方と同じで

自分の理想とする板間隔(隙間)に適した厚さ9mmの板をスペーサーとして使っていきます。

横板一枚目

笠木と横板の間にスペーサーの板を挟み横板をクランプで押さえてビスを使用し固定

横板の固定に使用したビスはこのステンレスコーススレッドの全ネジ38mm

一枚目の板張りと同じ要領で2枚目の板張り

ちなみにスペーサーとして使う板は柱から柱までの長さがある板の方が固定もしやすく作業もしやすいです。

そんな感じで

脚立に登る→スペーサーと板をクランプで固定→ビス止め→脚立移動→ビス止め

という1枚の板を張るのにビスを6ヶ所固定し更に脚立を移動させてまた登っての繰り返しなので約3~5分1枚横板を固定するのに時間を要します。

なのでここまで来るのに約1時間弱。

2~3人でやればきっと15分位の作業・・・とか考えつつも

約2時間程かかり一列目の横板張り完了!

なかなかいいんでない??w

雨脚が強くなってきたので1日目の作業はここまで。

日をまたいで2列目の横板張り作業開始!

引きで見ると

寄りで見ると

色んな角度から見てテンションを上げDIYモチベーションを保ちますw

途中暑くなってきたのでデッキ上にプールを出し子供を遊ばせながら作業

2日目ともなると作業工程を把握して手際がよくなり

1時間程で2列目の横板張り完了♪

内側から見ると適度な目隠し効果もあり、日差しも程よく遮ってくれ良い感じです。

勢いに乗りあっという間に三列目も完成!

真横から見るとこんな感じ

調子づき

四列目も

完成!

予定がありこの日の作業はここまでで、しばら~~くというか仙台で記録的な雨の日続きで作業できない日が続き1ヶ月以上たって五列目の作業再開!

一ヶ月以上間隔が空いたせいか手間取り・・・

五列目完成するのに2時間近くかかっちゃいました。。

しかもよく見るとなんか横板が歪んでる感じも・・・

まぁそこはDIYという事で今後横板を張りなおす時にでも直せば良いかとポジティブシンキングで六列目も完成!

また雨脚が強くなり完成は後日にお預け。。

つかの間の晴れ間を使い一気に完成させちゃおうと思い最後の七列目に取り掛かり

七列目も完成!!

最後に笠木より長い横板部分をカットして

遂にウッドフェンス完成ヽ(´∀`。)ノ

期間としては2ヶ月以上かかってしまったけど実質横板張りの作業日数は5日です。

フェンス材として使ったウエスタンレッドシダーはウッドデッキ作りの時にキシラデコール(カスタニ色)を1度塗りしかしてないので近いうちにもう一度塗ろうと思います。

ウッドフェンス作りをしてみて感じた事は独立基礎だとフェンスブロックを入れる穴を平行に掘るのが考えていたより難しかったのと、フェンスブロックと支柱の水平、垂直だしが想像より手間取るという事。経験を積めばコツを掴んで出来ることも初めてだと試行錯誤を繰り返しながら進んでいくので工期は大目に取っておくと安心かと。

早くウッドフェンスの手前に紅葉とか植えたいところだけどもはや秋なのでその楽しみは来春まで持ち越しになりそうです。

 

ウッドフェンス製作日数 約8日

ウッドフェンスDIY費用

フェンスブロック 13個 23140円

ドライモルタル 13袋 7280円

支柱 13本 59280円

笠木 6本 10320円

脚立 2つ 2800円

ネジ 2箱 2400円

横板 231枚 83160円

総額 188380円

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 1人でフェンス作りする時はクランプが2~3本必須
  • 横板張りは単純作業の繰り返しなのでDIYの腕よりも折れない心が必須w

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - DIY, 日々のあれこれ , , , , , ,