ゼロキューブの展示場に行ってみた

      2016/05/13

あいホームの展示場を見学した次の日に候補にあがっているゼロキューブの展示場に行ってみました。

お互いを比較するうえでも早いほうがいいしね。

なんでゼロキューブかっていうとネットで調べたり、資料請求で見た感じ比較的安いコストで建てられて追加オプションもネット上で既に価格が設定されていて明瞭だし、尚且つデザインがシンプルモダンで凄く良いと思ったんですね。

特に玄関のある前面に施工されるガルバリウム鋼板がオシャレな感じがしてるんで。

*ガルバリウム鋼板:トタンと非常に見た目は似ているが、トタンが亜鉛だけでメッキしているのに対しアルミニウム、亜鉛、ケイ素でメッキしているのがガルバリウム鋼板。

メリットとして錆びにくく、耐用年数が20年~30年と長く色の種類が豊富で鋼板の厚みが薄いため非常に軽く家に負担をかけない為、耐震性に強い。

デメリットとして施工費用が高く、鋼板が薄いため断熱性能は低く中の断熱材をしっかりしておく必要があり物がぶつかったなので凹みやキズができキズからサビが発生したり、他の金属と接触することによって電食がおき劣化してしまう恐れがある。

他には一概には言えないけど施工してくれる大工さんの腕によってはガルバリウム鋼板を貼るさいにゆがみが生じて気温の変化でボンッボンッと音が出てしまったり、見た目がトタンの様なので人によってはガレージだったり安っぽいという印象を受ける場合がある。

 

展示場の作りはゼロキューブに『+BOX』がされたモデルでウッドデッキや和室が追加されてて正に自分がこうしたいと思った外観そのもの。

zero-base外

中に入るとやっぱりオシャレ!

ゼロキューブリビング

壁紙はリビングの一ケ所だけアクセントで違う壁紙で、あとは白で統一されてて壁紙は基本的には白一択で別途費用を出せば色々と変えられるみたい。

ゼロキューブキッチン

キッチンも白が基調とされててこれも色々選べるかと思いきやこのモデル一択のみ。

自分はまったく気にしなかったけど、嫁の方はキッチン下収納とかも色々あるものがいいし選択肢がないってのは常にキッチンに立つ側からすると嫌だな~と。

ゼロキューブ階段

リビング階段もオプションで写真のスチール階段に変えられて、自分もスチール階段がオシャレでいいな~と思ってたんだけど二階の部屋を見学に行くときに娘が

「この階段怖い!抱っこして!」

と言ってなかなか登らず結局抱っこした訳だけど、確かに3歳位の子供目線で見たら下も見えるし、片側の壁がないから高さを感じて怖くなるのもうなずける。

見た目がいいからってだけじゃなく子供目線でも家作りって大事なんだと感じました。

実際に来て、触れて、見てみないと分からないことって本当多いです。

それに加えここのゼロキューブは宮城県内では有名な高勝の家が請け負って作ってるみたいで、大分で生まれた『ZERO-CUBE』を宮城県の気候に合わせ、断熱材をグレードアップしたり窓サッシを変えたり、シーリングファンを付けたりとその他モロモロを寒冷地仕様モデルにした総額約200万円の『+BASE』を追加したゼロキューブを『ZERO-BASE』として販売しているようです。

というか『+BASE』をしないと宮城の気候に対応できないので『+BASE』をしないモノは売れません、というか売りません!

と言ってました。

確かに暖かい大分の気候とこっちの気候はまったく違うのに、断熱材を含め家の作りがまったく同じってのは住んだ後寒そう。。

そんな訳でスチール階段は子供が怖がるから却下したとして、色々オプションとか付けないで『ZERO-CUBE』に和室、ウッドデッキ、バルコニーを追加した『+BOX』の建物の値段に約200万円の寒冷地仕様を追加した『+BASE』を合わせたこの展示場と同じのを作るってなった場合総額でいくらかかるのか尋ねてみたところ

 

本体『ZERO-CUBE』

1080万円(基本照明含む)

+FUN『+BASE』と『+BOX』

378万円

オプション

0円

付帯工事

概算216万(仮設工事・屋外給排水工事・工事管理費・設計変更手数料)

その他

概算22万円(カーテンレール・追加照明・アンテナ工事)

建物合計(税込み)

1696万円(外構工事は含みません)

でした。

これに外構工事が安く見積もって建物価格の1割いかない位と考えても1800万円近くになっちゃう。

多分棚を追加したり、収納を増やしたりなんてしたらもっと・・・

安い土地を探して、ローコストの家を建てれば3000万円以内で納まるだとうと思い建物の予算取りを1500万円でみていたのでめっちゃオーバー。

う~~ん現実的にゼロキューブは厳しいかな。。

 

今回得た知識・学んだ事は

  • ガルバリウム鋼板のメリットデメリット
  • デザインだけじゃなく住む家族全員の目線を考えた家作りが大切
  • 寒冷地以外のハウスメーカーの場合、同じものを作るにしても寒冷地に合わせた断熱材など追加費用が発生する

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - 展示場見学 , , , , ,