自分に合った土地を安く手に入れるコツ①

      2016/05/13

土日に『あいホーム』、『ZERO-CUBE』の展示場を見てきて一層自分の理想とする家像が膨らみ土地探しにもこれまで以上に意欲が湧いてきました。

でもそれとは反対に早々に新しい土地ってのは出ないもんなんですよね。

だったら希望の立地条件を少し広げて、ネットに載ってる土地を全部かたっぱしから見てやろう!!

って思いから実際に仕事終わってから毎日希望の条件に合う土地をしらみつぶしに見学して回りました。

①1580万円で70坪で更地の土地 (設備)上・下水 都市ガス

かなり前からネット検索で出てきていた土地で広さは申し分ないけど希望とする立地からは若干離れていたので足を運ぶことはなかったんだけどこの際なんで。

まず土地にたどり着くまでの道路が教習所のクランクを思い出させるような道幅が4mと狭く、小道なのにクランクが多くしかも一方通行じゃないので車を擦ったら嫌だなぁと思いながら現地にたどり着きました。

土地自体は平坦地でやっぱり70坪は広いな~と近くに公園もあり、学校も近く申し分ない!

でも道幅が狭いってのは常に通勤で車を使う身としては凄いストレスだなと思ったのと、小さい子供がいるので道幅が狭いってのは通学とかもちょっと心配だなと思いました。

なくはないけど、限りなくないかな。。

 

②980万円で60坪でひな壇の土地 (設備)上・下水 都市ガス

①の土地の近くでやはり同様に道幅が4mと狭く、しかも坂道の途中に土地があって道路からは3m程高いひな壇の土地で駐車場はひな壇の下の部分に1台だけ停められるスペースがあるというもの。

土地の形状でひな壇とはなっていたけど高さまでは書いてなかったもんな~1m位の高さのひな壇だったら外構工事でいけるだろうけど、3m近くにもなると土地改良やら外構工事でいくらかかってしまうやら。

それに加えやっぱり道路が狭いとね。

近隣の土地に比べて安いのにはやはりそれ相応の理由があるって事ですね。

なし!

 

③1700万円で70坪で建物あり 現状渡し (設備)上・下水 都市ガス

ここも道路は狭いけどちゃんと交互通行できる位の道幅があって最寄り駅からも徒歩10分以内で近隣にも大型スーパーなどあって非常に利便性が良い土地。

で、土地に到着すると・・・

道路から階段を下りていって玄関に入るという接する道路から下がった所にある土地でした。

しかも既存の建物も大きいため、木造で延床面積を50㎡と考えると1㎡あたり取り壊し費用が2万~4万円位だから・・・取り壊し費用だけでも200万円位かかっちゃう。

そして絶対道路の高さまで土地を盛ったら莫大なお金が・・・ちょっと考えただけでもかなりお金かかっちゃいそうなので

絶対なし!!

ちなみにこの物件は土地検索じゃなくて、中古物件で検索して出てきたものでモノによっては建物を取り壊して使うって選択肢も出来るので土地を探している人は一つの手だと思います。

 

④1680万円で65坪でひな壇で建物あり 現状渡し (設備)上・下水 都市ガス

この土地もネットに掲載されて2ヶ月近くたって未だに売れていない土地。

ここも当たり前のように土地まで行く道幅が4.8mと狭く坂道、曲がりくねった道を通りようやく現地到着。

坂道の途中にあるのでこの土地を含め近隣は全部ひな壇で、この土地の前方にはハウスメーカーさんが同じ広さの土地を更地にして売っている1900万円の土地も見えました。

まぁ想像はしていたけど、それなりに既存の建物も大きくやっぱり解体して更地にするのに200万位はかかるのかなと。

そーなると1900万円で売ってる土地と大差ないわな。

ここも土地までの道路が非常に狭いのに加え、更地にするのにそれなりにお金がかかるのでなしの方向。

 

⑤1640万円で90坪で更地の土地 (設備)上・下水 都市ガス

ネットに掲載されて1ヶ月くらいの土地で元々は工務店があったところのようでそれなりに、というかかなり広い土地の割には安い土地です。

はい!そうです毎度おなじみとなった狭い道路!その最上級がここでした。w

目指す土地にたどり着くまでの道幅が4mの私道で坂道にも関わらず、クランクや駐車場からはみ出して停めている車、家の門柱なんかもコーナーにあって見切りが悪く何度も車を切り返しながら登っていった頂上に目的の土地はありました。

めっちゃ広いし、めっちゃ見晴らしが良い!駅からも近いし大型スーパーも近隣にあるし・・だけど道路が残念過ぎたためなし!!

 

ほんと~に長く住むことを考えたら日常使う道路ってのは非常に大事だと身にしみて感じました。

 

そして今回、土地代金1500万円、建物1500万円の合計3000万円と当初の予算取りをしていたのに1500万円をオーバーする様な土地を見て回ったのには先日ゼロキューブの展示場を見学しに行った時に土地探しのコツを2つ教えてもらったうちの1つを実行してみたからです。

それは土地がネットに掲載された時点で住む目的、投資目的に関わらず何万人という人がネットを介してその土地の情報を知り気になったら不動産屋を仲介してその土地を訪れたりしているのに、掲載されて数ヶ月も売れないような土地は何かしら不便だったり敬遠する理由がちゃんとある。

だけど他人は敬遠するかもしれないけど、たまたま自分の条件と合う土地だった場合は言えば必ず掲載している価格の1割~2割近くは値段下がりますよ。買い手が見つからず何ヶ月も土地をほおっておくよりは少しの利益でも利益が出せる相手に売ってしまった方が得策だと考えるんで。

と教えてもらいました。

確かに他の人は買わない土地でも自分にしたら思想の土地って事もあるかもしれないし、しかも値段まで下がるんだったら申し分ないなと。

なので今回は概算予算の1500万円をオーバーするような土地を見て歩いたわけです。

だって1700万円の土地でも2割下がったら1360万円ですからね。

今回は自分の理想と合致する土地はなかったけどうまくはまれば安く土地が手に入るのでオススメですね。

次回は教えてもらった土地探しのコツ2つのもう1つを試してみたいと思います。

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 土地を探す時は中古物件でも検索すると土地を探す幅が広がる
  • 他の人は避ける土地でも自分の条件に合う土地であれば確実に値段は下がる
  • 土地を探すうえで近隣の道路状況(道幅)は非常に大事

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - 土地探し , , ,