浴室から眺められる風呂庭をDIYで作っちゃおう②基礎&枠組み作り編

   

前回の風呂庭計画編で、おおまかに作る風呂庭の寸法を決めたのでいよいよ着工していきます!

支柱を立てるだいたいの位置にその辺の棒でも割り箸でもいいから目印を付けて、目印部分を掘削していくんだけど防草シートをひっぺがし掘削すると案の定・・・

そうまたこいつ。

外構を決めるとき基礎が完成したときや家が完成してからも芝生を植えるときシンボルツリーを植えるとき、DIYでウッドフェンスを作るとき毎度毎度この粘土質の土を見るたびに散々悩まされてきたな~と苦い思い出が蘇るw

もはや粘土質というより色見て分かるとおり粘土でしょこれww

今回は使用する羽子板付き束石が高さ200mmで掘削する深さは150mmとしているのでそんなに掘らずに済むけどいや~水分含んでぐちゃってるから重いのなんの。

150mm掘削して50mm程砂利を入れ固めたら

羽子板付き束石を設置し、支柱となる4×4の1820mmのレッドシダーを羽子板部分で固定。

その後水平と垂直が確認できるポスト水平器を使って位置を合わせ

垂直と水平が問題なかったらウッドフェンス作りの時同様に

ドライモルタルを入れ散水して固めます。

これで1本目の支柱完成!

同じ流れで1本目の高さを基準に水平器を使って2本目の高さと位置を合わせて

2本目の支柱も完成!

この状態だと強風などで支柱がバタンッといっちゃうんで支柱と支柱をこんな感じで内側から固定。

決してDIYで鳥居を作ってる訳ではないんだけど、なんかそれっぽいw

そして外側じゃなく内側で固定するのには意味があるんだけどそれはまた幕板を張る時にでも。

鳥居ができたんで今度は2本目の支柱の高さを基準に3本目の支柱を設置。

同様の掘削して支柱立てて位置合わせてって流れで4本目の支柱も設置。

この頃になると掘削する深さはたいした事ないんだけど残土の粘土が山の様に積み重なっていく@@;

引きで見るとまぁそれらしく枠が出来てきて完成形がイメージでき作業するモチベーションも上がってくる♪

1日で枠組みは完成させようと思っていたので勢いこのままに

予定していた5本全ての支柱立てが完了し支柱どおしの固定も完了!

プロならもっとかっこよく1~2時間でこなす作業なんだろうけど、掘削して枠組み作ってなんだかんだで約7時間もかかってしまったよ。。

しかも最近は夜子供と一緒に寝てしまう事が多く、せっかく作ったホームジムを活用しきれてなくてたいした肉体労働ではないのに筋肉痛に^^;

ちなみに浴室からの眺めは

こんなに時間をかけて頑張ったのにまだ変な構造物が見える程度。

早く目隠しの浴室カーテンを外して風呂に入りたいもんだわ~。

次は今回作った枠組みに幕板を張っていく工程に移ります!

 

 

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - DIY, 日々のあれこれ , , , , , , ,