ディアウォールとOSBボードでオシャレかつ耐震にすぐれた収納棚をDIY

   

引っ越して1年が経とうというのに自分の漫画達が未だにダンボールに入ったままなのですw

加え、ホームジムは作ったものの殺風景でちょっとモチベーションが上がらない!?という理由で最近おさぼりさんになってしまっているホームジムに何かモチベーションがあがるものを・・・と考えた時に一石二鳥な物を考えつきました。

よしっここに漫画も収納できてモチベーションが上がるような棚を作ろうそうしよう!

と思いついたがいざ行動。

棚の条件として

・見た目がオシャレ

・漫画数百冊を収納でき、かつ頑丈

・地震が来た時に倒れない構造

・大事な物を収納できる様に一部に扉を取り付ける

・モチベーション(テンション)が上がる棚

以上5つの条件を満たす棚を作ります。

使用した板材はこちらのOSBボードの11mm厚

最初はコンパネとか思ったけど漫画数百冊を収納するには強度に不安があったし、一番ネックだったのは、なんかオシャレじゃない!

という事で巷では最近男前家具!とか言われ使われる事が多くなったOSBボードを使う事にしました。OSBボードは910mm×1820mmの大きさで厚さが9mm、11mmのものがよくホームセンターで売ってるけど9mm厚だと加重を加えると、しなってしまうため11mmの物を今回はチョイス。

手書きだけど棚の設計図としてはこんなイメージ

大きさの違う箱を6こ作り右側の長い箱には扉を付けます。

最初は箱型じゃなくてこんな

間の棚板を横からビスで留める案もあったけど、そうなると結局棚板はビスのせん断力のみで支える事になっちゃうのでどうも心もとない。。

じゃあこれはと思いついたのが

棚板受けを取り付け・・・と考えたけど、どうも完成形をイメージするとオシャレじゃないような(勝手なオシャレイメージでw)

じゃあいっそのこと上記2案より手間だけど箱型にすれば箱同士の設置面も大きいし強度も見た目もクリア~って事で箱型を採用。

箱を作るときも

右側の様に板で支えるような箱を作ります。

レッツDIY!

まずOSB合板を設計図の寸法通りにカット・・・カット数が多ければ多いほどめちゃくちゃ面倒な作業。この工程が6割と言っても過言ではないです。

ホームセンターではワンカット数十円とかでカットしてくれたり、設計図を見せればその寸法通りカットしてくれたりするので混んでない時を見計らってお願いしたほうが絶対的に楽です。

ちなみに自分はこのカットのみでほぼ半日使いましたw

という事はさておきここに棚を設置していきます

まずは棚が地震が来た時に倒れない構造になるように

こちらのディアウォールと1×4材を

部屋の壁から壁へ横に水平になるように取り付けます

ちなみにディアウォールの説明には取り付ける長さより板を45mm短くカットして使用と書いてあるけど40mmで調度よいかと思います。

 

 

加えてもう1つ

設置した2つのディアウォールの1×4材に更にディアウォール分の長さを引いた1×4材を取り付けていきます。

こんな感じで

2本とも取り付けました

そこへ部屋のサイズに合わせてカットしたOSBボードを取り付けるんだけどコンセントを使えるように穴を空ける位置を測り

穴を空けていく訳なんだけどホールソーとかなかったのでドリルで穴を開けます。

意外と簡単に穴あけでき、糸ノコで多少綺麗に

コンセント穴を空けたOSBボードをディアウォールに垂直を確認して

しっかりとビス留めし取り付け

何がしたかったのかというと、棚だけの構造では大きな地震の時に倒れる可能性大、かといって倒れない様に棚を直接壁にビス留めするってのは一応まだ家建てて1年だから気乗りしなかった、じゃあ上から突っ張り棒とかで固定・・・それは見た目的にアウト。

っていう事で壁を傷つけないように壁の前に更に壁を作っちゃいました。

正直ディアウォールの強度が不安だったけど取り付けたOSBボードの壁を引っ張ったりしたけどビクともせず思った以上の強度です。

今度はメインの棚となるボックスを作っていきます

自分みたいに1人で作る時はビス留めする際ちからが分散しないように板や壁を使って固定しながらやった方がやりやすいです。

木工ボンドや紐で固定って手もあるけどそれ自体が1つの作業になってしまって面倒なんで

背面の板も取り付けて1つ目の箱が完成。

同じ箱を作る工程を繰り返し、更に小さい縦箱も

もう1つ同じ縦箱も完成

続けて横箱作り

横箱の1段目と2段目はコンセント位置とかぶるので再びドリルを使ってコンセント位置の板をカットしてから設置。

2段目の横箱も同様にカットして設置

そして3段目の横箱も完成して

箱作りも終わって棚の形となり8割がた完成。

次に右側の大きな収納箱に扉をつけていきます

ちなみにこの長い箱だけ扉11mm厚分周りの箱よりも奥行きを短くしてあります(だって扉厚さ分だけぴょこっと前に出てたらオシャレじゃない・・・気がして)

で、扉を取り付けるために使ったのはこの掘り込み不要スライド蝶番(ちょうつがい)

普通の蝶番だと蝶番が見えたり蝶番の芯の部分を隠すために一部加工しなくちゃいけないって事があるんだけどこの蝶番は不要。

しかもスライド蝶番の中でも掘り込み不要のものなので本当に利便性が高い商品です。

ちなみに蝶番を選ぶときキャッチ付き、キャッチなし、全かぶせ、半かぶせ、インセットタイプ、アウトセットタイプなんて言葉があるけど

キャッチ付き:蝶番にバネが付いていて途中まで閉めると勝手にバタンとしまるもの。

キャッチなし:蝶番にバネが付いていないので閉めた後も勝手に開きやすいためマグネットキャッチなんかと併用したりキャッチ付き蝶番を複数扉に取り付ける際にバネを効きすぎないようにするために一部使われる。

扉のかぶせ方は作るものや用途に合わせればよいとして、キャッチは付いているものの方がオススメです。

今回自分が購入した掘り込み不要蝶番はキャッチ付でしかも全・半カブセ・インセット兼用タイプという万能さん。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノーブランド 堀込み不要スライド蝶番ストップ付 P-725
価格:515円(税込、送料別) (2018/3/22時点)

 

それを2つ使用し全かぶせの扉を取り付けていきます。

掘り込み不要蝶番の使い方はこんな感じ

長箱を横にねかせて

扉が開閉した時に床に擦れるのはオシャレじゃないので扉の長さを箱より10mm短くして作ってあるので位置を調整しながら(オシャレの定義がもはや曖昧)

蝶番の広い穴の方から先にビス固定していきます。

一度立たせて扉の開閉などを見て微妙な位置を調整したら

蝶番の小さな穴もしっかりとビス留めしていきます。

棚に設置して扉の開いてる状態

キャッチ付きの蝶番なのでこのくらいまで手動で閉めると

後はバネの力で勝手にバタンと閉まります。

扉の閉じてる状態

棚が完成し扉も取り付けたところで

それぞれの箱と棚をOSBボードの壁にがっちりと固定。

したところで、こっからある意味本気モード。

大好きなジョジョの複製原画を飾り、漫画本を棚に陳列しジョジョのウォールステッカーを完成した棚に取り付けルゥーーーーーーー!

ゴゴゴゴ!

ドドドドドド!

ズキュウゥゥン!!!

名づけて「ジョジョの奇妙な収納棚」完成!!w

こりゃオシャレとかそういう次元の問題ではなく、間違いなくテンション上がるわ~♪

 

収納棚製作時間 約8時間

収納棚DIY費用

OSBボード 5枚 5900円

1×4ディアウォール 2つ 1760円

1×4材 4つ 880円

掘り込み不要スライド蝶番 2つ 1460円

総額 10000円

 

 

今回得た知識・学んだ事は

・壁を傷つけずに家具を固定する方法

・棚の作り方

・掘り込み不要スライド蝶番という使い勝手良すぎな蝶番

・好きなものに囲まれると自然とテンションがあがるという事w

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - DIY, 日々のあれこれ , , , , , , , , , , , , ,