あいホームの建築現場を見学

      2016/05/18

以前あいホームの展示場見学会に参加した後、担当してくれた方から自分が土地を探しているってのを言っていたんでめぼしい土地情報なんかをちょくちょくメールしてもらっていた流れで、あいホームでやってる建築現場も見学できるんで時間があったらどうですか?ってメールをもらったんで建築現場を見に行ってきました。

実際家を建てるさいの候補として『あいホーム』、『ZERO-CUBE』、『秀光ビルド』を候補としてあげてた訳ですが秀光ビルドは資料を請求して見たり、ネットで色々検索しているうちに候補から外してしまい実質あいホームかZERO-CUBEだったんですがZERO-CUBEの展示場に言って付帯工事や寒冷地仕様にした際の追加費用なんかを出してもらって検討した結果デザインとか外観の好き嫌いはあるけど付帯工事費用や家をいじれる自由度やオプション費用なんかがあいホームの方がお得だったので内心かなりあいホームで本決まりだったので実際に作っている現場を見ておきたかったんですよね。

現場では工定表の説明や使われている建材の説明や土地の外構費用などの資料をもらい

窓雨水対策

雨水対策の説明

断熱材

断熱材の説明

その他にも実際に施主にも何度も足を運んでもらい照明スイッチの高さの変更だったりコンセント位置関係の変更だったり何度でも納得いくまで変更してもらいます。

などなどほんっと詳しく教えて見せてくれたんですが

建築現場

何より現場が凄い綺麗に整理整頓され作られていたのに驚き。

というのも物件探ししている時に新築建売物件の建築現場を見に行ったんだけど釘が散らばっていたり、お菓子のゴミが点々と落ちていたりして凄い印象良くなかったんですよね。

その点このあいホームさんの現場は現場に来るのが分かっていたから片付けたってのも多少あるだろうけど、実際に綺麗にしながら造っているのが分かる現場でした。

現場で作業している親方ともたまたま話させてもらったけど凄い気さくな方で整理整頓は会社からも言われるけど、実際現場で仕事するうちらも整理整頓されてないと作業効率が悪くなっちゃうからねと。

う~ん納得!

担当してくれた方にあいホームで家を建てようかと思うんですと伝えたところ

実際にベニーさんの希望とする土地1500万円、建物1500万円の合計3000万円の予算で家を建てた場合、返済期間はどれくらいが良いか子供が小中高入学、大学で1人暮らしなんかになった時に返済で家計を圧迫して大変な事にならないかっていうのを一度ファイナンシャルプランナーの方を紹介するのでライフプランを見てもらうってのはどうでしょうか?

万が一家のプランを練っていった時にあいホームじゃなくやっぱり違うハウスメーカーにしたいとなった時にも役立つと思うんで。

と提案されました。

家を作って売るだけじゃなく、その人の家族状況から後々返済計画に支障をきたさないか家計を圧迫しないかまで考えてくれるってのは凄いなと思いましたね。

しかも自分の会社あいホームじゃなくても役立つのでってどんだけ。

なんでも自分も子供が2人いて家を建てるってなった時にファイナンシャルプランナーに最初にライフプランを作ってもらったが凄い役立ったんで、同じく子供を2人持ってしかも同い年のベニーさんになら絶対役立つはずと前から思ってたんだと。

良い担当者と出会ったな~と心底思いました。

ぶっちゃけどんなに良いハウスメーカーでも担当者の人が不親切だとそこで建てたいとは思わないですからね。

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 建築中の現場を見に行くことでそのハウスメーカーの質がわかる
  • ハウスメーカー選びも大事だけど家作りの世話をしてくれる担当者はもっと大事

 

 

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - 展示場見学 , ,