価値観を変えて新しい地域で土地探し

      2016/05/19

相変わらず土地探し継続中です。

ちなみに2件ほど自分が探している地域で新しい土地が出たので早速調べてみました。

①60坪位の土地で1580万円 現在は駐車場 売買時期要相談

坂道に面した土地で道路から高さが1m弱あるひな壇の土地で駐車場を囲うように家が建っているため日中に物件を見たにも関わらずめっちゃ日陰。

この時点でちょっとないな~とは思ったんだけど売買時期要相談というのが気になったんで問い合わせてみたら現在駐車場を借りてる人たちが他の駐車場を見つけるまでは引渡しできないとのこと。

確かにそれは売買時期要相談ですわ。

 

②50坪程の土地で同じく1580万円 (法令制限)宅地造成等規制法

見に行ってみると現在は空き地となっているけど傾斜地に土地があり傾斜部分はコンクリで固められた法面(のりめん)になってました。

*法面:山の斜面を切り取って出来た斜面のことを切土法面、土を盛って出来た斜面のことを盛土法面といい地盤の弱い敷地の場合はコンクリートの擁壁などで補強する必要があり実際に宅地として使用できない斜面部分のこと。
*宅地造成等規制法:宅地を作るさいに崖崩れや土砂が流出する可能性が高い市街地や市街地とする土地の工事について宅地造成工事規制区域内で造成工事をする時は工事前に都道府県知事の許可を得なければならない。

傾斜地にあって土地の1割弱程度が法面になっていて狭いしなんだか使いづらそうな土地だと思ったのと、宅地造成等規制法によって法面が作られて第三者機関によって大丈夫とはなった土地だろうけど正直なところ崖崩れとかあったら嫌。

これ本音。

東日本大震災の時に傾斜地にあった家が崖崩れで凄い傾いちゃったり、擁壁部分が丸ごと崩れちゃったりってのを実際見ちゃってるんでね。。

なかなか希望とする土地見つからないな~~~~~~~~~~。

 

ってな事で子供を連れて車でぶーんと家から20分位の大きな公園に遊びに連れて行ったんだけど、その地域は最近土地開発が盛んで大型の商業施設が出来てきたり学校が新しく出来たりと活気溢れる地域。

その地域を車で走ると道路も広く新しい家が非常に多く、土地が大きく庭も広いし学校もスーパーも近いしあぁなんかいいなと。

しかも新しく造成された土地が色々あり、どれも80坪や90坪と広い土地にも関わらず1500万円程という値段。

今まで1500万円の予算で駅から近く、職場からも近く、学校にも近くって土地を探しては問題のある土地だったり、前面道路幅が4mと非常に狭かったり、左右前後の家とめっちゃ隣接している狭い土地だったりをさんざん見てきて内心気づいてはいたんですよね。

この予算だったらそういう土地を買って住むしかないかなって。

もう半ば諦め

でもたまたま子供を遊びに連れてきた街並みを見て価値観一変しました。

帰ってから嫁に駅や職場は近いかもしれないけど道幅が狭かったり、色々問題のあるような土地に住むより職場は離れて通勤時間はかかっちゃうけど広い土地で子供をのびのび遊ばせる事が出来るし学校も近く商業施設もあるし向こうの土地をこれから探さない?と。

嫁も街並みを見て同じように思ってたみたいでした。w

って事でず~っと今住んでるマンション近辺で土地探しをしてきた訳だけど、これからは新しい地域で土地探しをしていきます!

たまたま子供を公園に連れて行った事であっけなく価値観一変しちゃいました。

まっそんなもんですよねフィーリングを大事に『ケセラセラで生きていく』ってブログの題名通り肩の力を抜いていってみようと思います。

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 法面について・宅地造成等規制法について
  • 土地探し・物件探しに行き詰ったら価値観を変えてみる事も時には必要

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - 土地探し , ,