廃材を使って建築基準法の階段寸法に合わせたウッドデッキ階段をDIY

   

なんかあっという間に夏だ。

夏本番にはウッドデッキに加え、タイルテラスを作ってプチ家バカンスを過ごそうと思っていたんだけどタイルテラス作りに未だ取り掛かれてないので間に合うかどうか^^;

という事で下記の記事でも書いた様に去年作ったウッドデッキに未だ階段が付いてないので

タイルテラスも花壇も砂場もDIYで居心地の良い素敵な庭造り!

まずはタイルテラスの前に階段を作ります。

大き目の立派な階段を当初作ろうと思ってたけど、階段作りよりタイルテラス作りの方に時間を当てたいのでウッドフェンス作りをした時に出た支柱の廃材

1人でも作れるウッドフェンスDIY④支柱の水平出しと笠木取り付け

などを使って超簡易的に階段を作ろうと思います。

手始めに階段の土台を作成。

廃材を使う訳だけど人が乗ってガタついちゃー危ないのでちゃんと水平を合わせ。

同じ階段の土台を3つ作成。

ついでに階段を設置する場所の幕板を張り

さっき作った土台の上に、これまたウッドデッキを作った時に使用した2×6材の廃材を上に乗せ土台3つに固定。土台間の距離は上に乗せた板が約900mmなので300mm位。

同じ長さの2×6の廃材を更に上に乗せて固定し、ぐるっと補強も兼ねて幕板を取り付けたら、あら完成!

作成した階段のサイズは蹴上げ(階段1段の高さ)高さ200mm、踏面(踏み板の幅)300mm、階段幅900mmとなりました。

というか実は作る前に違和感なく登れる階段の寸法を調べたところ建築基準法の中で決まっている階段寸法が蹴上げ高230mm以下、踏面幅150mm以上、階段幅750mm以上という事だったので、その基準に合わせた階段を作ってみました。

作る前に蹴上げ高200mmと250mmで比べたところたかだか50mmだけど、よいしょって言って足をあげて登る感じがしてちょっとしたストレス。同様に踏面幅も狭いと階段をしっかり足で踏ん張れずに少し怖い感じがする。

なんとなしに普段登ったり降りたりしている階段だけど、なんとなしに使えるって事はストレスを感じない高さや奥行き、幅で作られているんだな~と一人で感心しちゃいました^^

そんなこんなで次男坊が

早速ストレスフリーで階段を上り下りしながら光るオモチャを口に加え遊んでいましたw

自作で階段を作るって方は是非高さや奥行き、幅のバランスってのを考えてみると完成し使用した時に違和感を感じずに済むと思います。

たかが階段、されど階段!

 

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - DIY, 日々のあれこれ , , , , , , , , , ,