応急処置して2ヶ月弱で見事に復活した鉢植えオリーブ

   

オリーブの木が枯れかかってる!?

と思って応急処置をしたのが5月中旬のこと

鉢植えのオリーブの木の葉が茶色くなり枯れかかってるので応急処置してみた。

6月くらいになって変化見られず落葉や葉が茶色っぽくなってきてたら追加で土入れ変えとかも考えてはいたけど、特に変化見られずだったのでしばらく様子見が続いていました。

その間もバンバン直射日光が当たる場所に置いて1週間に1回くらい応急処置でも使用したHB-101入りの水を最初の方は与えて、梅雨時期とか週に雨が降ったりするような時は特に何もせずって感じ。

時系列的には

5月中旬  枯れた葉を取り除き、木を剪定しHB-101入りの水やり

中旬~   毎週1回HB-101入りの水やり

6月中旬~ 雨が降った週は水やりせず、降らなかったらHB-101入りではなく普通の水やり

現在8月1日に至る

という訳で今朝撮りのオリーブの木はこんな感じです

剪定後に比べて

かなり元気を取り戻したのが分かります♪

剪定後は寂しかった枝先からもどんどん新しい葉っぱも芽吹いてふっさふさ状態

葉っぱの方も処置する前は茶色っぽい部分が多く、かっさかさだったのが今では非常に青々しく触ってみても潤っているのが分かります。

夏は炎天下で直射日光バリバリ当たって、冬は雪が積もって・・・年間を通してかなり寒暖の差があっても復活するんだからオリーブってかなり強いんですね。

2ヶ月ほどでここまで復活するとは思わなかったから本当嬉しいの一言です♪

 

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - 日々のあれこれ , , ,