土地+建物=3000万円のはずが仮見積3773万円

      2016/07/11

さかのぼること2ヶ月前築年数の浅い中古物件をリフォームしても3000万円位かかるし、新築建売を買ったとしても3000万円位かかっちゃう・・・なら同じくらいの予算で土地1500万円+建物1500万円でざっくり総額3000万円でローコストな家を建てちゃった方がいいんじゃないか!

と思った事がきっかけで土地を探しまくり土地を契約したわけです。

土地が多少高くても理想とする土地にどんぴしゃだったから、その分建物にかける費用をできるだけ抑えていこうと考えてました。

ってか抑えていこうにも既にかなり予算オーバーしちゃってますハイ。w

ざっくり書いていこうと思ったんだけど、家を建てる時は想定外にお金がかかるって事を知ってもらおうかと思って思い切って詳しく載せていきます。

とりあえず叩き台の間取りです

配置図

間取り1階

間取り2階

施工床面積 108.86㎡ 32.93坪

延床面積  105.16㎡ 31.81坪

1F     52.17㎡

2F     52.99㎡

構造 木造2階建て

実際これから配置や間取りなんかを色々いじって決めて行くわけだけど大まかな施工床面積は33坪以内になる予定。

っていうか33坪超えてくると資金繰りが本気でヤヴァい(( ;゚Д゚))ブルブル

で、家を建てるのにかかる総額は

 

①建物本体工事費 13570000円

②オプション工事費(税込)410400円

③地盤改良工事費(予算取り)1000000円

④外構工事費 3000000円

⑤土地取得費用 17675600円

⑥諸費用 2081200円

総費用合計 37737200円

 

なんか一線通り越して逆に笑えてきますwww

内訳としては

 

②オプション工事

・お風呂を1616サイズから1620サイズへ 100000円

・2Fにトイレを追加 280000円

 

③地盤改良工事

これは実際に調べてみないとはっきりとした事は言えなくて、何の問題もなければ一銭もかからない事もあるし地盤改良の必要が出た場合はこれくらいかかる可能性も。

なので非常に未知の部分。

 

④外構工事

・既存建物解体工事 1574074円

・外構工事 1203703円

これもまだはっきりとはしてなくて、解体工事費用も安くしても多分これ位かかっちゃうんじゃないかって事と、それに合わせて予算取りとしての外構工事費用。

正直外構工事費用はあいホームの担当者さんのつてでめちゃくちゃ安く外構工事をお願いできそうな所を教えてもらってるので、そことの価格交渉次第では半額くらいでいけるかも。

 

⑤土地取得費用

・土地代金 17000000円

・仲介手数料 615600円

・売買契約印紙代 10000円

・固定資産税等清算金(引渡し時期により異なるので予算取り)50000円

 

⑥諸費用

・水道加入金(20mm)230000円

・所有権移転登記、抵当権設定登記 320000円(土地決済時)

・建物表題登記、所有権保存登記、追加設定登記 250000円(建物完成時)

・ローン事務手数料(3320万借入の場合)547800円

・火災保険料(10年一括想定)150000円

・団体信用生命保険 0円

月々かけてる生命保険、介護保険を見直す事で団信をかけなくてもいいようにライフプラン表を作ってもらったファイナンシャルプランナーさんに見直しをしてもらいました。団信費用がバカにならないんで。

・金銭消費貸借契約印紙代 20400円

・つなぎ融資手数料 450000円

・請負契約印紙代 10000円

・確認申請証紙代 68000円

・地鎮祭 35000円

 

これが全部家を建てて住めるようになるまでの総費用です。

 

あいホームさんの場合は付帯工事や照明・カーテン代も「あいホームの見学会に参加してみた」記事で書いたコミコミ価格に含まれているんだけどテレビアンテナやエアコンは自分達で買わなくちゃいけなくなるので追加で40~50万円みとかんと。

実際これ以上建物を小さくするのは考えられないから、少しでも費用を抑えるためには地盤改良費用がかからない事を祈るのと、外構工事費用をどれだけ安く抑えられるかってとこかなと。

まずは明日あいホームさんの新しくできる展示場を見学してから間取りパターンが新しいのできてるみたいなんで担当者さんと話してきま~す!

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 家を建てる時は総額で考えるべし

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - 土地契約から解体工事, 間取り案 , , , , , , ,