35坪間取りプランを自分で3Dにしてみた

   

担当者の方からインナーバルコニーが欲しい、リビングを広くしたい、リビング階段、お風呂は1620(1.25坪)タイプ、少しでも収納部分を増やしたい、リビングの窓は大きくしたいなどなど自分達夫婦のわがまま要望を取り入れた35坪プランが出来上がったとの事で見せてもらいました。

間取りプランを見てお~~~~~すげ~~~~~!!

見事に夫婦のわがまま要望が具現化されてる!!

でも嫁は紙で間取りを見てもイメージがつかない様だったので間取りをまたまた自分で3Dにしてみることに。

前回間取り作成で使ったフリーのCADソフト「e-house版せっけい倶楽部」ではなく今回は自分で作った間取りの中を歩いて見たり、日当たりを見たり外構なんかも自分で作っていけるという3Dマイホームデザイナー12を買ってやってみました。

1万円位のソフトだけど数千万円の買い物であ~ここにも窓を付ければ日当たりが~なんて後悔はしたくないし実際ハウスメーカーさんに行かないと見れない様な3Dの立体図面が自分の家で見れるのは面白そうなので購入を決意。

まずはもらった間取りプランを2Dとして作り家具や寝具を実際使ってるものと同じサイズの物を入れていって

1階部分

35坪プラン1f

 

2階部分

35坪プラン2f

 

屋根の形も実際のプランと同じようにつくり出来た外観がコチラ

35外観

敷地の隣はアパートなので日当たりも見たくて配置してみました。ちなみに外壁なんかはまだ未定。

 

リビングはこんな感じ

35リビング

既存のマンションで使っている220cmもある細長のソファも置ける!

 

キッチンからの展望はこんな感じ

35キッチンから

人を配置してみるとどのくらいのスペースがあるのかが一目瞭然。

そしてあいホームの担当者さんからキッチン前にカウンターをつけてそこをパソコンスペースとしても良いし、子供達が小さい時はちょっと勉強するスペースとしても良いしって事を考えて提案してくれたのでカウンターも配置。

 

そして4.5畳の和室からの眺め

35和室

畳は見た目も良いし、日焼けしにくい和紙畳をチョイス

 

2階の寝室

35寝室

インナーバルコニーを1.5畳分作ったので寝室が7.5畳となり少し狭まったのでダブルベッドの隣に子供が小さい時はシングルベッドをくっつけて寝ようと思ってるから既存の片開きドアだとぶつかってしまうので片引きドアに変える方向。

 

2Dの間取り案も良いけど、3Dで作ると幅や奥行きだけじゃなく高さも分かって、それによって圧迫感があるとかないとか窓の高さがもう少し上が良いとか分かってくるので非常に住んだときのイメージがしやすくていいなと思いました。

これからエアコンの位置や室外機の位置や窓の大きさなんかを色々決めて行く訳だけど、大まかな間取りはこれで決定したいと思います。

当初予定していた32坪、33坪の間取り案と比べてもこの35坪プランはめちゃくちゃ満足のいくものですからね。

ほんっと坪数を1~2坪増やすだけで劇的に家って住みやすくなるもんですね。

しか~~~~~し!!

坪数が上がればそれだけ費用はかさむ。。

しかもカウンターまで設置したり窓を大きくしたり。

室内の棚やカウンターは正直自分でDIYでやれば良いかもしれないけど、このプランでいったいいくらになるかまだ費用が出てないんですよね~^^;

良いプランを見てしまうともう前のプランには戻れないのが人の心。

あ~~~いくらになるのか怖いわ~~。

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - 土地契約から解体工事, 間取り案 , , , , ,