電気配線の立会い確認!本当やってよかった

   

先週末仕事終わりに照明の位置やスイッチやコンセントの位置&高さの最終確認を担当者さんと立会い確認してきました。

建築現場が近いのになかなか行く機会がなくて上棟後久しぶりに行ったら既に散々迷いまくって決めた玄関ドアも取り付けられ

リビングにも1.5間の窓が取り付けられ

自らDIYで作る予定の坪庭を眺めるために出来るだけ低くお願いします!と言ったお風呂の窓も良い感じの位置に取り付けられていました

そんな事に驚きつつ予め決めておいたスイッチの高さにそって生活動線を実際に動きながら一つ一つ確認作業を進めていきました。

我が家では、というか自分が映画を見るのが好きなので5.1chのスピーカーを設置する予定でリアスピーカーを天井に空配管を通して設置する事になってるんだけど空配管を通す部分が

テレビ用のコンセントとかからちょっと離れて左側に。

担当者さんがコレ気になりませんか??

テレビやチューナーのコンセント部分から離れてこっちに配線通すと配線だけが不自然に見えちゃいません??

言われてみれば確かに!!

現場に居た棟梁にこれもうちょっとテレビコンセント側に設置することって出来ないもんですかね?って担当者さんが聞いてくれたところ

ものの3分程度でちゃちゃちゃっと簡易的な筋交い?を作りそこに設置してくれました。

いや~担当者さんもだけど棟梁も仕事が早いww

そして今回本当に立会い確認して良かった、そしてなんで今の今まで気づかなかったんだろうという変更点があった和室のスイッチ

当初は

こんな感じだったんです。

和室とリビングの間仕切壁のリビング側に和室の調光スイッチが取り付けられていました。

でもこれだと和室の引き戸を閉めた状態でスイッチを消す時は、一旦引き戸をがっつり開けてからスイッチを消す・・・

今更だけどなんかそれ変w

加えて、よーく見ると・・・いやよく見なくても和室の照明のスイッチが和室自体にない (゜ロ゜)!!

ドンゲバビー!!!

という事で変更後の和室スイッチは

間仕切壁から移動し、和室自体でもちゃんと照明が付けれる様に床の間の上部に調光スイッチを追加してもらいました。

図面で何度も打ち合わせを行い、立会い確認の前に自分で電気配線図の確認をしていたのにまったくもって気づきませんでした^^;

電気配線の立会い確認を行わないHMさんもあるみたいだけど、絶対に立会い確認しといた方が間違いないです!身にしみて感じました。

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 図面だけでは気づかなかった事が柱が建つと見えてくる
  • 電気配線の立会い確認は変更箇所がなくても必ずやっておくべき

 

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - 上棟から引渡し , , , , , ,