施主検査!養生が外され室内お披露目

   

昨日は引渡し前の施主検査でした。

施主検査:竣工検査とも言い設計図や仕様書の通りに家が仕上がっているか、キズや汚れがないかなど施主立会いのもとに仕上がりを確認する検査。

ネットで事前に『施主検査』を調べるとめちゃくちゃ重要!みたいな事が書かれていて住まいの調査団アスナロデザイン一級建築士事務所さんが作成された内覧会チェックリストというものを印刷して熟読してたんですが、結果として自分の性格?もありそこまで神経質になって施主検査をすることはありませんでした^^;

施主検査で家の隅々まで細かくチェックするというよりは養生が外された現場に行くのは初めてだったので楽しみの方がまさってしまってw

まずは玄関

散々迷って決めたリクシルのジエスタF15型クリエモカ色も浮いた感じにならずに良かった。

和室

自分で作ったパースに加え、ダイケンの畳カラーコーディネートシミュレーションを使って選んだダイケンの和紙畳清流10乳白色と清流15白茶色もサンゲツで選んだアクセントクロスFE4208とも合ってる様で一安心^^

既にホスクリーン

 

 

まで付いていてありがたい。

リビング

スポットライト面のアクセントクロス。こちらも散々迷い続けて決めたサンゲツのFE4694の横張り。

変だったら速攻DIYでクロス張替えも視野に入れていたけど家の雰囲気に合って柔らかい感じだったので一安心。

フローリングも仕様打ち合わせの1回目で決めて途中で艶なしにしてもらった朝日ウッドテックのブラックチェリーも裸足で歩くと木の質感を感じられて満足。

洗面室・お風呂

既存の三面鏡の洗面化粧台は嫌だけど、そんな高価な洗面台も・・・と悩んでいた時に見つけて取り付ける事を決めたニトリの洗面カウンターも取り付けられていて、窓下のカウンターの色とも合ってたし凄いシンプルな感じがかなり大満足。

お風呂はサイズにだけ拘りあとはメーカー標準にたリクシルのアライズ1620サイズ。

浴槽はホワイトで壁パネルのアクセントとしてクリエモカを使いました。

既にお風呂に入って広っっ!!と喜ぶ子供を見て喜ぶ自分ww

そして事前に竣工チェックをした担当者さんがツボに入って写メを送ってくれた

お風呂から望む坪庭用の照明スイッチに『庭園灯』という表記w

きっと的確な表記がなかったんだろうけど庭園灯・・・名前に負けない様な坪庭否庭園を造らねば^^;

その他

トイレは1,2階とも動線を邪魔したくなく限られたスペースでも開く事が出来るダイケンの折戸を採用。

こちらは2階廊下部分にDIYで造作棚を作りたくて対応してもらった部分。

これは今は電気自動車に乗ってないけど将来電気自動車になった時に使えるようにと思い外壁に取り付けてもらったPanasonicの200V充電用コンセント。

なかなかどうしてカッコイイ♪充電してみたい><

そんな感じで他にも寝室や子供部屋など全部見たけど事前に現場監督と担当者さんが竣工チェックをしてくれていた事もあり我が家の場合は本当に小さなキズや取付金具の手配など位で特に大きく修正してもらうところはありませんでした。

網戸や玄関庇(ひさし)に関してはこれから取り付けられるので、そこも含め住み始めて気づいた修正箇所なんかは1ヶ月点検の時にでも全然言ってくれれば対応しますんで安心して下さいとの事。

素人目的には一応全部見たつもりだけど生活してみないと気づかない様なところもあると思うので助かります。

 

 

今回得た知識・学んだ事は

  • 施主検査は養生が外されお披露目の日でもある
  • 施主検査前に決めた仕様や設備などは最低限事前確認しておく

こんな関連記事も読まれてます

こんな関連記事も読まれてます


 - 上棟から引渡し , , , , , , , , , ,